スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の休業についてのお詫びと本音

インドから帰国して以来、体調を悪くし
お店を休業させることになった張本人の料理人です。

先週末、見切り発車的にお店を開けたのですが
週明けからまた発熱し、物を食べられなくなったため
再び臨時休業とせざるを得なくなりました。

時間を作り、タリカロに来ようと思って頂いていた方も
中にはおられると思います。
そのような方々には大変申し訳なく思い、
この場を借りてお詫びさせていただきます。


普段ブログを書かない料理人の僕ですが
今こうして書いているのは、店長に言われたから…ではなく
上記の通り、申し訳なく思う気持ちをどこかで表現したかったのと
休んでいる間、時間がある分いろいろと考えることも多く
その中でひとつ言うべきことがあると考えたからです。

長い休みの間、今回の件を通してつくづく思ったのは
タリカロは誰のためにやっているのか?ということです。

お客さんのため、という答えが100点なのかもしれませんが
残念ながら僕の答えはそうではありません。

そもそもの始め、なぜ二人で飲食店を始めようと思ったのか?
「お客さんを喜ばせたいね」などと話し合ったわけではありません。
他人とうまく関係を結べない僕が
「二人でなら働ける」と言ったからです。
店長もああ見えて、意外と人間関係で悩むことが多かった人なので
二人でならうまくいくと思ったからです。

だからタリカロは、店長と僕が人間関係で悩んだり
人との摩擦で傷ついたり、変に無理をしたり
仕事が嫌になったり、しないために作った職場です。
言ってみれば、二人のためにやろうと思って始めたお店です。

ただ最近は、顔馴染みのお客さんも増えてきました。
「どんな人なのか?」という人見知り特有の警戒心を持たずとも
接することができる人も多くいます。
「二人のために」始めた店を支えてくれる人もたくさんいます。
「いつまでも続けてほしい」という声も多くいただきます。

こんな僕でも当然心を動かされます。

そういう方々のためにもなるべく長く続けていきたいと思う。

けれどやはり、無理をすると続けていくことはできません。
結局すぐ息切れがして、あっさり閉店、なんてことになったら
それこそ本末転倒です。

なので、タリカロはこれからも突然休んだりします。
少しでも、「今日はちょっと営業するの難しいな」といった
原因があった場合、無理に営業するようなことはしません。
そしてそれを告知することさえも、何かの加減でできない事情があったなら
告知しないことだってあるでしょう。

でもそれが、タリカロを長く続けていくための近道だと思うので、
僕たちはためらいません。

二人のためにすることが、
結果的にはお客さんのために繋がることになるのだと
今は思っているので。

タリカロ料理人  對馬 啓太郎

comment

管理者にだけ表示を許可する

全面支持

おっしゃ!GJ!
よーゆうた!
その通りだ!

「自分たちが幸せになるために働く」ってのが労働の基本原則だよね
「それでお客さんが幸せになってくれたらもっと幸せ」ぐらいでいいと思う
自分たちが幸せにならないとお客さんも幸せにならないもんね

とりあえずのコメントでした

激しく同意

これからも『タリカロスタイル』を貫いていけばいいと思いますよ(^ω^)
楽にいこうぜ(≧∇≦)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

BBMさんへ

熱いコメント、ありがとうございます。
僕たちも人間ですからね。

新中学生になるお嬢さんにも、よろしくお伝えください。

TAKAさんへ

すべて完璧にする、のは無理ですしね、特に僕みたいな人間には。
できることだけ、やっていくのが「タリカロスタイル」だと思ってます。
ただその「できること」っていうのが、普通の人が想像する以上に
少ないのが問題なんですが。。。

無記名の方へ

> 「休業だけは必ずブログで告知する」
> として頂けるとありがたいのですが・・
> 無理でしょうか?

もちろん、なるべく告知はすべきと考えております。
ただどうしてもそれができない身体的または精神的な状況も
可能性としてゼロではないと思っていますので、あのように書きました。
余計な不安をかき立ててしまい、申し訳なく思います。

シカさんへ

「その店の料理が美味いと思うか不味いと思うか」
「その店の接客が好きか嫌いか」

お客さんとお店の関係は突き詰めていけばその2点にしかない
というのが、広く飲食店に対しての僕の基本的な考えです。

料理人がブログで語るような店の運営方針に関する主義主張などは
そう気にかけることなく、また気軽にお越しください。

また行きます!

タリカロのカレーが大好きです。また行きたいです!!タリカロのカレーを頂くと元気になります。せやから大好きです。

あかつき さん

ありがとうございますe-266
わたしも
「おいしかったよ」
の一言が、とっても嬉しいです。
また、お待ちします(*^_^*)
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

tarikaro

Author:tarikaro
------タリカロ------
「對馬流 南インド系辛口料理店」
H22年1月26日 OPEN
奈良市椿井町30-3 〒630-8343
0742-24-1437 Pなし
定休:木曜日(ブログ等で確認お願いいたします) 
  ランチ11:30~14:00(Lo:13:50)
夜 18:00~20:30(Lo:20:00)ともに売り切れ次第終了デス。
    
ただの激辛ファンだった私、ただのひきこもりだった彼。。。
そんな二人が、カレーを通じて人生の転機を迎えました。
最初は、ただの激辛ブログだったのですが、今は、奈良で小さなカレー屋さんを開くことができ、お店のブログとなりました。

ちなみに書いているのは、私(女)店長です。
彼は、料理人。。。

で、ブログの原点は、「辛い物を食べると元気が出ませんかーーーーー!!お尻が痛くても、頑張って食べ歩くぞーーー!!!」でした(恥)。
今は、ビバ・カレーズ・ハイ↑!!ビバ・カレーデトックス!!

*南インドの一番からい料理を提供しております。お子様のご利用は、ご遠慮いただいております。ご理解くださいますようお願いいたします。

10月の営業日のお知らせ
【お休みのお知らせ】定休日:木曜日。3日は、マトン解体のためお休みします。バータリカロ、現在店長の体調不良のためお休みしております。リアルタイムなお知らせは、現在ツイッター「tarokarotencho」←(たろかろ店長)・フェイスブックhttp://www.facebook.com/tairkaro.curry?ref=hlで毎日更新中デス。がんばりますのでよろしくお願いいたします。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
タリカロの地図
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。