スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIXIに

本日より、MIXIの「タリカロを応援してほしい」コミュに(リンク参照)、
「メニューのお知らせ」のトピックをあげました。

メニューの情報はそちらか、ツイッター「#tarikaro」で検索してみてください。

メニューに関係のないこともつぶやいてますので。。。御注意。。。

ちなみにマトンキーマ・マラック・レンコンキーマありますよと今日は書いております。

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

レンコンキーマ大好きです。
でも、行ったばっかり・・・・(T T)

No title

すみません。教えてください。
マトンカリーとマトンキーマは違うものですか?
マトンカリーは無くて、マトンキーマはあるんですよね?

ナナさん

> レンコンキーマ大好きです。
> でも、行ったばっかり・・・・(T T)
そうですね。。。
レンコンキーマまた作りますから、大丈夫です!!

maverick さん

> すみません。教えてください。
> マトンカリーとマトンキーマは違うものですか?
> マトンカリーは無くて、マトンキーマはあるんですよね?
説明します。
マトンカリーは、北海道の「石田めん羊牧場」さんのマトンを使ったマトンカリー(かなり辛口なので肉の甘みが引き立つ)、
マトンキーマは、輸入のマトンを使ったマトンを粗く刻んだ、キーマカリー(中辛)です。

なぜ石田めん羊牧場のマトンでマトンキーマが作れないか?
それは羊が小さいからです。
石田めん羊牧場さんは、良心的で5歳くらいの若いマトンを出してくれます。
が、若いマトンは小さいので、肉にする部分があまりとれません。
キーマかりーはひき肉のカリーなので、お肉が足りないのです。
だから、普通のお店が使っておられるマトンになってしまうわけで。。。
がしかし、「料理はいかにくせのある素材を食べやすくするか。というのが料理ではないか?」
といううちの料理人の考え的には、マトンキーマは楽しい素材だと思います。

私的には、マトンキーマの方が、マトンのにおいが少しするけれど、日本のカレーに慣れている方は、入り易いと思います(十分おいしいですし)。
マトンカリーは、アーンドラ州というインドでもっとも辛い料理を出す地区のものを、
原型としてタリカロ風にアレンジしているので、日本のカレーに慣れている方は、カリーとしてはうけ入れにくいかもしれません。

マトンマトンとおっしゃらずに、タリカロの辛さに慣れてからマトンカリーを食するのをお勧めします。
常連さんたちは、その段階を踏んでおられますので。。。

マトン

未だ、タリカロさんのマトンを食していない初心者です。

未だ、数えるほどしか訪問させてもらってない身でありながら、次回はマトンキーマを注文したいと思っています。
私は「匂い(香り)も味のうち」との考えも持っていて、普通のマトンを臭いと評価する人の感覚と全然違うと自認しています。

辛さに対しては、タリカロさんのチキンカレーを食べた程度の経験からは、「辛いけど美味しい」と感じています。
本当にマトンに興味があるのですが、マトンマトンと興味を持ってはいけませんか?

CAT さん

> 未だ、タリカロさんのマトンを食していない初心者です。
> 私は「匂い(香り)も味のうち」との考えも持っていて、普通のマトンを臭いと評価する人の感覚と全然違うと自認しています。
> 辛さに対しては、タリカロさんのチキンカレーを食べた程度の経験からは、「辛いけど美味しい」と感じています。
> 本当にマトンに興味があるのですが、マトンマトンと興味を持ってはいけませんか?

前回書いてから、誤解を生むような表現をしてしまったかも。。。
と、気にしていたのです。

食べログなどの記事にのせていただいたのと、私が北海道産のマトン(石田めん羊牧場さん)のマトンがおいしいと、散々言っているので、やっぱりマトンに興味をもたれる方が多くて。
初めて来られる方で、マトンカリーを召しあがられて
「辛くて食べられない。激辛だ」
とおっしゃる方が多いデス。
そういう方は、必ずルゥを残されるわけで。。。
そうすると、一生懸命マトンカリーの仕込みをしている料理人がかわいそうだなと思うわけです。
カリーの中でも、マトンカリーは複雑で作るのが大変だそうで。。。
休憩もとらずに必死で作っているカリーのルゥが残されると心が痛いデス(このことはどのカリーにも値するのですが)。
なので、うちの辛さになじんだ方や、豆カリーやポリヤル・ヨーグルトなどで緩和して食べていただける方に食べていただきたいと思うのです(やはりこれはどのカリーにも値します)。

特にマトンがお好きとならば、マトンキーマ、大丈夫だと思います。
辛さもチキンより辛くないので。
ぜひ食べに来てください!!e-257
気分を害されるような書き方をしてしまってごめんなさいでしたe-466

このことは、後日他の方にあてても、記事にしますね。
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

tarikaro

Author:tarikaro
------タリカロ------
「對馬流 南インド系辛口料理店」
H22年1月26日 OPEN
奈良市椿井町30-3 〒630-8343
0742-24-1437 Pなし
定休:木曜日(ブログ等で確認お願いいたします) 
  ランチ11:30~14:00(Lo:13:50)
夜 18:00~20:30(Lo:20:00)ともに売り切れ次第終了デス。
    
ただの激辛ファンだった私、ただのひきこもりだった彼。。。
そんな二人が、カレーを通じて人生の転機を迎えました。
最初は、ただの激辛ブログだったのですが、今は、奈良で小さなカレー屋さんを開くことができ、お店のブログとなりました。

ちなみに書いているのは、私(女)店長です。
彼は、料理人。。。

で、ブログの原点は、「辛い物を食べると元気が出ませんかーーーーー!!お尻が痛くても、頑張って食べ歩くぞーーー!!!」でした(恥)。
今は、ビバ・カレーズ・ハイ↑!!ビバ・カレーデトックス!!

*南インドの一番からい料理を提供しております。お子様のご利用は、ご遠慮いただいております。ご理解くださいますようお願いいたします。

10月の営業日のお知らせ
【お休みのお知らせ】定休日:木曜日。3日は、マトン解体のためお休みします。バータリカロ、現在店長の体調不良のためお休みしております。リアルタイムなお知らせは、現在ツイッター「tarokarotencho」←(たろかろ店長)・フェイスブックhttp://www.facebook.com/tairkaro.curry?ref=hlで毎日更新中デス。がんばりますのでよろしくお願いいたします。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
タリカロの地図
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。