スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛口料理 ハチ

「ひさしぶりにハチのカレー食べたいなぁ」
と、彼が言いだした。
「ハチのカレーって何???」
意外に関西のことを知らない私は、さっぱりわからず。

何やら、南森町の近くに激辛カレーの超有名店があるらしい。

「何か知らないけど、そこのカレーすごく食べたくなるんだ。辛くて食べたあともうしばらくいいって思っても
また、食べたくなるねん。それで食べに行って、また苦しむんだけど、また行くの」

変態か・・・
そういえば思い当たることが…
そうじゃなくて激辛カレー!!

しかもカレーって看板じゃなくて、辛口料理って書いてあるだけらしい。
で、昔は緑色のカリーヘアーのおばちゃんが、一人で切り盛りしてたらしい。。。

ますます行きたい。
で、すぐにゴーッ

天神橋商店街の端のほうにありました
091207_1316~01
「辛口料理」変わってる。

店内に入ると一人お客さんがいて、カウンターの上には帰った人の残骸が。。。
一人で切り盛り・・・大変だなぁ

「二人?」
って、おばちゃんが聞いてきた。
入って返事するとライスをのぞいて、
「いけるわドーゾ」
と、通された。
メニューは3つ
・カレー
・たまご
・ルゥ
だけ。

好きなのにヘタレの私は、最初から残すと悪いので、「ライス少なめ卵のせ」を注文。
彼は普通を。
カレーを待っていると、何人か来たけどライスがないから
「もう終わりましたけど」
と言われ、ライスのみを買いに行った人、帰った人が何人もいた。

そんなこんなでカレーがおかれ「はい、真ん中に穴作って」と言われ、急いでスプーンでたまごポケットを作ると、
おばちゃんがパカッって、たまごを乗せてくれた。
091207_1303~01


最初は卵を混ぜないで、食べる。
辛いーーー、けどうまい!
何だろう、インドカレーとかじゃなくて、独特のカレー。
少し苦みがある。
たまごを混ぜると、辛さがなくなったけど、私は入れないほうが好きみたい。
やっぱり辛いものは、そのまま行くべし

学習。

有名だからこれを読んでる人は行ったことがあると思いますが、一応
---辛口料理 ハチ---

TEL 非公開

住所 大阪府大阪市北区天神橋2-2-2

交通手段 地下鉄南森町駅4B出口をでて、商店街に入る直前左手に喫茶店風のお店。「辛口料理」と書かれた看板が目印。
月・水・金のみ営業。
営業時間 11:30~13:30(売切れ終い)

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

tarikaro

Author:tarikaro
------タリカロ------
「對馬流 南インド系辛口料理店」
H22年1月26日 OPEN
奈良市椿井町30-3 〒630-8343
0742-24-1437 Pなし
定休:木曜日(ブログ等で確認お願いいたします) 
  ランチ11:30~14:00(Lo:13:50)
夜 18:00~20:30(Lo:20:00)ともに売り切れ次第終了デス。
    
ただの激辛ファンだった私、ただのひきこもりだった彼。。。
そんな二人が、カレーを通じて人生の転機を迎えました。
最初は、ただの激辛ブログだったのですが、今は、奈良で小さなカレー屋さんを開くことができ、お店のブログとなりました。

ちなみに書いているのは、私(女)店長です。
彼は、料理人。。。

で、ブログの原点は、「辛い物を食べると元気が出ませんかーーーーー!!お尻が痛くても、頑張って食べ歩くぞーーー!!!」でした(恥)。
今は、ビバ・カレーズ・ハイ↑!!ビバ・カレーデトックス!!

*南インドの一番からい料理を提供しております。お子様のご利用は、ご遠慮いただいております。ご理解くださいますようお願いいたします。

10月の営業日のお知らせ
【お休みのお知らせ】定休日:木曜日。3日は、マトン解体のためお休みします。バータリカロ、現在店長の体調不良のためお休みしております。リアルタイムなお知らせは、現在ツイッター「tarokarotencho」←(たろかろ店長)・フェイスブックhttp://www.facebook.com/tairkaro.curry?ref=hlで毎日更新中デス。がんばりますのでよろしくお願いいたします。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
タリカロの地図
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。