スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい話

お店ができて、2ヶ月目くらいの時だったでしょうか。
近所で、現場があるんで、、、と、言ってほぼ毎日来てくれるお客さんがいました。
その人はすごくおいしそうに、たくさん食べてくれるので、店長は見ているだけでも幸せでしたし、
今日も来るかな・・・と、ご飯を炊く量も気合を入れていました。

その人は、毎日同僚の人を誘ってきてくれました。
11時40分くらいになると、毎日数人で来てくれました。

お店を始めたばかりの、私たちとしてはとっても心強く感じ、支えられてる感がありました。

ある日、その人は、
「もうすぐ現場が終わるので、これなくなるかもしれないんです」
と、言われました。

その後、現場が終わるまでは、頭領らしきおじさんや同僚の方といっぱい来てくれました。

そして現場が終わり、その人は、来なくなりました。

毎日、オープンしてからすぐの活気がなくなったのと、常連さん化されていたので
タリ店は、何とも言えない寂しさを感じていたのです。

それからひと月くらいたった時、何と!ひょっこり、夜にその人が来てくれました。
お友達を2人連れて!!
しかも大阪から!!

タリ店は、嬉しくて泣きそうになりました。

その人は、
「現場が今はこっちじゃないので、スミマセン」
と言ってましたが、そんなことより再開できたことと、わざわざ友人を連れて大阪から来てくれたことに
とっても感謝しました。

お店を通じてですが、人とのつながりを強く感じました。

そのほかにも、とってもいい常連さんがいっぱいおられます。

タリ店は、最近自分のお店での存在価値について、また仕事のやりがいについて虚しいと考えていましたが、
その人のこと、常連さんのことを考えると勇気がわいてきました。

これからも疲れてる時もありますが、できるだけ笑顔でサービスマンとしてがんばっていこうと思う今日この頃です。

comment

管理者にだけ表示を許可する

つながり-心の支援

つながりって大切だと思います.最近、花垣さんで、宮崎の尾崎牛をいただいて感動しました.「やわらかい」「口の中で溶ける」という陳腐な形容詞では語れない「噛めば噛むほど」味わいが出てくる牛肉.今回の騒動が早く終息すればいいのですが、その尾崎宗春氏が、あるところでこう言っておられました.「昔、BSEのときには、取引先からキャンセルの電話がかかってきた。「やっぱり消費者が嫌がるから」ってね。けど、今回は違うんだ。「早く送ってくれ」と言う。なんでこんな状況なのに買ってくれるの??といったら「当たり前よ」と言ってくれる。うちは肉の作り手・使い手とちゃんと繋がってきたから売ることができた。復活するのに今回は最悪、3年かかるかもしれないといったら、いまある在庫ぜんぶちょうだいと言われた。3年間、尾崎牛の味を忘れんように、毎日冷凍庫から一切れずつ切って出すと言ってくれる。農家はみんな「あんた達の牛・豚が欲しい」といってくれないとやる気が起きない。もうこんな仕事、やりたくないと思っている。だから心の支援をお願いしたい」

生産者、料理人、消費者、そのつながりを大事にしていたいと思う今日この頃です.某サイトの掲示板にも同じような内容でコメントしたのですが、お話の内容にもあうかと思い再度、コメントさせていただきました.

店長へ

カレーも二人で考えた味。店長あってのタリカロじゃないですか。これからもよろしくお願いします。

KHさんへ

そうですよね。
いろんなところで、人との信頼関係とかつながりがあって、大切なことだと痛感しました。

このお肉屋さんの話も、とっても勉強になる話です。
今だけではなく、長い目で考えていく、大切なことですね。

ありがとうございます^^

Re: Re: 店長へ

> カレーも二人で考えた味。店長あってのタリカロじゃないですか。これからもよろしくお願いします。
そうですね。
わたしも、一人では生きていけません。
私より、早く死ぬなよ!
早く死んだら、鞭打ちの刑だ!!

No title

僕は、先に呆けるなよ、と言っています.うちはもっと切実だから・・・

ええ話やな~

>タリ店は、最近自分のお店での存在価値について、また仕事のやりが>いについて虚しいと考えていましたが
仕事にはつきものの悩みですね。
みんな悩んで大きくなった~
ですから。
悩んで解決してまた進んで悩んで。
そうやって成長していきましょう。

>カレーも二人で考えた味。店長あってのタリカロじゃないですか。これ>からもよろしくお願いします。
ごちそうさまでした。

お二人の微妙というかなんというかいい感じがお店の雰囲気をよくしてると思います。

また、お邪魔します。

Re: No title

> 僕は、先に呆けるなよ、と言っています.うちはもっと切実だから・・・
いやいや、奥様 まだまだお若いですよ。
うちのほうが早いかも(爆)

BBMさん


> 仕事にはつきものの悩みですね。
> みんな悩んで大きくなった~
> ですから。
> 悩んで解決してまた進んで悩んで。
> そうやって成長していきましょう。

そうなんですよね。
仕事ってどんな仕事でもそういう時ってあるのかなと思いました。
でも、ついつい看護師の時とのやりがい感を比べてしまうのですよね。
悪い癖だ!!
今やっていることに全力を注ぐのが一番ですよね!!
BBMさんありがとうございます!!
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

tarikaro

Author:tarikaro
------タリカロ------
「對馬流 南インド系辛口料理店」
H22年1月26日 OPEN
奈良市椿井町30-3 〒630-8343
0742-24-1437 Pなし
定休:木曜日(ブログ等で確認お願いいたします) 
  ランチ11:30~14:00(Lo:13:50)
夜 18:00~20:30(Lo:20:00)ともに売り切れ次第終了デス。
    
ただの激辛ファンだった私、ただのひきこもりだった彼。。。
そんな二人が、カレーを通じて人生の転機を迎えました。
最初は、ただの激辛ブログだったのですが、今は、奈良で小さなカレー屋さんを開くことができ、お店のブログとなりました。

ちなみに書いているのは、私(女)店長です。
彼は、料理人。。。

で、ブログの原点は、「辛い物を食べると元気が出ませんかーーーーー!!お尻が痛くても、頑張って食べ歩くぞーーー!!!」でした(恥)。
今は、ビバ・カレーズ・ハイ↑!!ビバ・カレーデトックス!!

*南インドの一番からい料理を提供しております。お子様のご利用は、ご遠慮いただいております。ご理解くださいますようお願いいたします。

10月の営業日のお知らせ
【お休みのお知らせ】定休日:木曜日。3日は、マトン解体のためお休みします。バータリカロ、現在店長の体調不良のためお休みしております。リアルタイムなお知らせは、現在ツイッター「tarokarotencho」←(たろかろ店長)・フェイスブックhttp://www.facebook.com/tairkaro.curry?ref=hlで毎日更新中デス。がんばりますのでよろしくお願いいたします。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
タリカロの地図
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。