スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔だし写真集1

私は、各地に行くと必ず反応するものがある。
それは、
顔だし写真パネル。

よく子供なんかがやっているので、まず大人はやりませんな。
20代ならともかく、40ぐらいになってやってる人はまずいない。

が!!なぜかテンションが上がるのでついついやってしまうというか、やらねば気が済まないのであります。

顔だし写真に対する私の熱い思いは、いかにうまく顔をはめるか、そして以下にそのパネルにあった表情を作り出すかなのです。
ただ単に、顔だけ出していればいいというのではなく、そのパネルと心を一体化させることに意義があるのです←大げさ

今回は、高千穂編。
900.jpg
高千穂に巡礼に来ているバージョンだったかな。

901.jpg
これはいかに、顔の表情を作るかに意味があるのです。
がんばって、高千穂見に行くゾ的な。。。

902.jpg
これは一番気に入っているので、大きくアップしちゃいました。
ようこそ高千穂へ、という笑みを浮かべるのに苦労しました。

この時、雨がけっこう降っていて私も傘をさしつつ、とってくれた先輩も傘をさしつつ。
本当にバカに付き合ってもらってありがとうございました。

結局この後高千穂のいい景色を見に行くことになるのですが、高所恐怖症の私は、階段を見た瞬間にリタイア。
この顔だし写真の前で、待っていたのでした。。。

こういう写真が、旅の写真に混じっているとけっこう後で笑えるし、よりその旅の思い出がこくなりますョ。

さぁ、皆さんも恥ずかしがらずにレッツ顔だし写真

comment

管理者にだけ表示を許可する

いいのありますぜ、店長

観光地での顔をはめ込む時のドキドキ感は薄れますが、
パソコン上で顔をコラージュしてくれるサイトがあります。
(英語ですが、操作は何となくわかると思います。
はめ込みたい画像を選ぶ→「ChooseFile」ではめ込みたい顔を含むjpegファイルを選ぶ→結果表示

どこにもいけなくて、ウツウツしそうな時にでもお試し下さい。
ブログ上のお写真もそのまま使えると思いますよ。
http://www.photofunia.com

がんも@激辛大好き

がんも@激辛大好きさん

コメントありがとうございます。
意を決して公表したのに、コメントなくてへこんでました。
ありがとうございます。

結構面白いサイトですね~~~(^^♪
うずうずした時にはめ込みはめ込みしてみます。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

tarikaro

Author:tarikaro
------タリカロ------
「對馬流 南インド系辛口料理店」
H22年1月26日 OPEN
奈良市椿井町30-3 〒630-8343
0742-24-1437 Pなし
定休:木曜日(ブログ等で確認お願いいたします) 
  ランチ11:30~14:00(Lo:13:50)
夜 18:00~20:30(Lo:20:00)ともに売り切れ次第終了デス。
    
ただの激辛ファンだった私、ただのひきこもりだった彼。。。
そんな二人が、カレーを通じて人生の転機を迎えました。
最初は、ただの激辛ブログだったのですが、今は、奈良で小さなカレー屋さんを開くことができ、お店のブログとなりました。

ちなみに書いているのは、私(女)店長です。
彼は、料理人。。。

で、ブログの原点は、「辛い物を食べると元気が出ませんかーーーーー!!お尻が痛くても、頑張って食べ歩くぞーーー!!!」でした(恥)。
今は、ビバ・カレーズ・ハイ↑!!ビバ・カレーデトックス!!

*南インドの一番からい料理を提供しております。お子様のご利用は、ご遠慮いただいております。ご理解くださいますようお願いいたします。

10月の営業日のお知らせ
【お休みのお知らせ】定休日:木曜日。3日は、マトン解体のためお休みします。バータリカロ、現在店長の体調不良のためお休みしております。リアルタイムなお知らせは、現在ツイッター「tarokarotencho」←(たろかろ店長)・フェイスブックhttp://www.facebook.com/tairkaro.curry?ref=hlで毎日更新中デス。がんばりますのでよろしくお願いいたします。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
タリカロの地図
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。